「人と犬の気持ちを大切に」がモットー!
ドッグトレーナー岡元です!

子犬を迎え入れたら

まず教えたいものの一つが、

トイレのしつけです。

 

後々困らならないためにも、

早いうちから、

しっかり教えてあげましょう!

オシッコしたい子犬

トイレのしつけの基本の「き」

トイレのしつけで重要なポイントは、

「成功したら褒める」

「失敗させない環境づくり」

この2つです。

 

たくさん成功させ、褒める回数が多いほど

早くトイレを覚えてくれます。

逆に失敗が多い程、覚えづらくなります。

 

排泄を成功させ、褒めるためには、

まず愛犬の排泄のタイミングを

知っておくと良いでしょう。

 

 

犬の排泄のタイミングを知る

愛犬の一日の行動を

メモにとってみて下さい。

 

いつ起きて、ご飯を食べ、水を飲み、

運動し、散歩に行き、いつ寝るのか。

そして、いつ排泄しているのか。

 

だんだん排泄のおよその間隔(時間)や、

排泄の前後にしていた行動といった

パターンがわかってくるはずです。

 

 

また排泄の前に、何か兆候や

特定の行動が無いかも要チェックです。

 

よくあるのは、床や地面の匂いをしきりに

嗅ぎ回った後にオシッコしたり、

くるくる小さく回った後にウンチしたり。

 

 

それら排泄パターン兆候を知ることで、

排泄のタイミングがわかります。

 

失敗させない環境づくり

排泄のタイミングを把握できたら、

排泄を成功させて、しっかり褒めます。

 

そのためには、

失敗させない環境づくりが大切です。

まず「失敗しないトイレ」を作りましょう。

トイレシーツ

オススメの方法は、

サークル(柵)で囲いを作り、

その中にトイレシーツを敷き詰める方法です。

 

こうすると、サークルの中なら、

どこで排泄しても失敗せずに済みます。

 

なお、サークルは扉付きのもので、

一面ずつ取り外せるものを選んで下さい。

 

また、犬が中でぐるぐる回転できるくらいの

広さをとってあげて下さい。

 

 

ちなみに、今回は説明しませんが、

クレートという移動式の犬小屋があれば、

もっと失敗しづらい環境を

作ることも可能です

 

いずれ、こちらの方法も

お伝えしたいと思います。

 

 

トイレの教え方

犬の排泄のタイミングが来たら、

ペットシーツを敷き詰めた

サークル(柵)の中に入るよう促します。

中に入ったら扉を閉め、排泄を待ちます。

 

排泄できたら、褒めてオヤツを与え、

扉を開けて出してあげます。

出した後、遊んであげるのも良いです。

 

こうして、トイレで排泄できたら

良いことがあると教えます。

 

 

そのうち、排泄の際に

犬自らトイレに向かう時がきます。

 

その時は、普段以上に

思い切り褒めてあげて下さい。

 

犬は自分で行った行動を褒められると

より一層自信を持って、

その行動を繰り返すようになります。

 

 

ちなみに、犬から目を離す場合は、

一時的にサークル内に

入れておくと失敗させません。

 

だんだんサークルを取っていく。

犬は匂いと足元の感触で、

トイレを覚えます。

 

サークル(柵)の中、つまり

ペットシーツの上で排泄するのを

覚えられたなら、

サークルを一面ずつ取り外して

無くしていきます。

 

こうすることで、サークル無しでも

ペットシーツに排泄できるようになります。

 

 

今回は、ごく基本のみをお伝えしましたが

いかがでしたでしょうか。

 

疑問も出たかもしれませんね。

例えば、留守番させる場合は

どうするの?とか・・・。

 

今後、そういったお話も

していきたいと思います。

ご期待下さい!

 

 

後日、留守番編の記事を書きました。

ご参考下さい。

>トイレのしつけ 留守番編

 

 

大阪で出張型 犬のしつけ教室をしています。

子犬のしつけ、困った行動の改善など

お気軽にご相談ください!