「人と犬の気持ちを大切に」がモットー!
ドッグトレーナー岡元です!

先日、トイレのしつけの基本は

成功を褒め、失敗させないのが重要と

書きました。

 

今回は、じゃあ留守番させる時は

どうすれば良いか?です。

オシッコしたい子犬

留守番中「いかに失敗させないか?」

当たり前ですが、留守番させている時は

排泄を成功した瞬間に

犬を褒めることができません。

 

帰ってきてから褒めたら良いと

思うかもしれませんが、

犬は、行動した瞬間に褒められないと

何を褒められたかわかりません。

 

ですので留守番の時は、必然的に

いかに失敗させない環境を作れるか?

が大切になってくるのです。

 

失敗させない留守番中の環境作り

犬は基本的に、

寝床を排泄で汚さない習性があります。

 

外で巣穴を掘って暮らしていた

時代の本能によるもので、

巣穴(寝床)の周りを排泄で汚すと

外敵に見つかりやすくなるため、

遠くで排泄していたんですね。

 

その習性をうまく使えば、

失敗させづらい環境を作ることができます。

 

 

例えばこんな方法です。

 

まずクレート(移動式の犬小屋)を用意し、

犬の寝床として使います。

 

そのクレートを、

サークル(柵)で大きく囲います。

 

サークル内は、全面に

トイレシートを敷き詰めておきます。

 

こうすることで、

寝床の外は全部トイレなので、

寝床以外のどこで排泄しても

トイレシーツの上でしたことになり、

失敗にはなりません。

 

 

覚えさせられるわけではない

ただしもちろん、上記の対処法をしても

失敗させないけど、褒められないので

トイレを覚えるわけではありません。

 

 

じゃあ意味がないじゃん!?

いいえ、そんなことはありません。

 

トイレは、成功させ褒められるほど

早く覚えさせられますが、

逆に、失敗させてしまうほど

覚えにくくなります。

 

つまり、留守番時の対処法は、

失敗をさせないことで、

トイレを覚えにくくなるのを防ぐために

行うんです。

 

 

トイレを覚えさせるには、原則として

排泄を成功させて、たくさん褒める

しかありません

 

ですので、トイレを覚えるまでは

長時間の留守番はできる限り避けるとか、

連休前に犬を迎え入れて

集中してトイレの練習をする、などを

オススメします。

 

 

なお、トイレのしつけの基本は

以下をご参照下さい。

>トイレのしつけ 基本編

 

 

大阪で出張型 犬のしつけ教室をしています。

子犬のしつけ、困った行動の改善など

お気軽にご相談ください!